単位について

Q 認定薬剤師になるために必要な単位数はいくつですか。
A プロバイダーによって異なる場合があります。
新規で薬学ゼミナール生涯学習センター(以下、当センター)の認定を受けるには、4年以内に40単位、かつ毎年最低5単位以上を取得することが必要です。 また、40単位のうち当センターが発行した単位で、20単位以上の取得が必要となります。
更新には3年間に30単、かつ毎年5単位以上を取得することが必要です。また、当センターが発行した単位において、15単位以上の取得が必要となります。
Q e-ラーニング学習による取得単位の上限は何単位ですか。
A e-ラーニング学習により取得した単位は、認定薬剤師を申請される際に認められる単位数に上限があります。
単位取得条件については、以下のとおりとなります。申請の手続きをされる前に必ずご確認ください。

新規申請40単位のうち、当センターでは、e-ラーニング学習による取得単位は28単位まで認められます。
ただし、当センターが発行した単位において、20単位以上の取得が必要となりますので、他のプロバイダー発行単位は集合研修やe-ラーニング学習も含めて20単位までが上限となります。
他のプロバイダーから発行されたe-ラーニング学習による28単位分を申請しても、20単位分のみ有効となりますのでご注意ください。

更新申請30単位のうち、当センターでは、e-ラーニング学習による取得単位は21単位まで認められます。
ただし、当センターが発行した単位において、15単位以上の取得が必要となりますので、他のプロバイダー発行単位は集合研修やe-ラーニング学習も含めて15単位までが上限となります。
他のプロバイダーから発行されたe-ラーニング学習による単位を21単位申請したとしても、15単位分のみ有効となりますのでご注意ください。
Q 他の認証機関(プロバイダー)での単位が認められるかよくわかりません。
A プロバイダーによって異なる場合があります。プロバイダー毎の簡易表は、以下のURLで確認できます。
http://www.cpc-j.org/contents/c15/ukeirejyouken
Q 集合研修で、遅刻や早退した場合、単位はもらえますか。
A 遅刻・早退の場合は、受講時間に応じて単位発行いたします。
遅刻・早退をされる場合は、事前に事務局までご連絡くださいますようお願いします。(info@yakuzemi-shougai.jp)
当日の遅刻については各会場へご連絡ください。また、早退については、各会場の受付担当者へお伝えください。
Q 単位は不要のため、集合研修終了後のアンケートに答えなくてもよいですか。
A 集合研修での単位発行不要の場合はアンケートへの記入・提出の必要はございませんが、ご自身の振り返りのために記載いただくことを推奨しております。
Q 《当センターと他のプロバイダーの単位の違いについて》
他のプロバイダーで認定薬剤師を目指しているのですが、薬ゼミ生涯学習センターの単位を使用できますか。
A プロバイダーによって異なる場合があります。プロバイダー毎の簡易表は、以下のURLで確認できます。
http://www.cpc-j.org/contents/c15/ukeirejyouken
Q 当センター発行の認定シールが、他のプロバイダーが発行している認定シールよりもサイズが大きく、手帳のシールを貼る箇所からはみ出てしまうのですが問題ないですか。
A プロバイダーによって異なる場合がありますので、申請するプロバイダーへご確認ください。

認定薬剤師について

Q 1年5単位の有効期限は年度毎ですか、起算日はいつですか。
A 新規申請の場合は、初回研修単位取得日から起算します。
更新申請の場合は、前回申請日(認定日)から1年になります。
Q 認定単位(シール)を紛失してしまったのですが、再発行可能ですか。
A 認定単位(シール)の再発行はできませんので、研修手帳へ早めに貼付するようお願いしております。
再発行は致しかねますが、「単位発行証明書」の発行は可能ですので紛失時はご相談ください。
Q 認定薬剤師とはどういうものですか。
A 生涯研修を自己責任の下で行って、必要な能力・適性を備えていることの客観的証明として、認められた薬剤師です。
進歩が激しい医学・薬学分野では「昨日卒業して、今日学ぶのを止めれば、明日は無学者になる(テネシー大学)」といわれており、医療の場において薬剤師が期待される職務を果たすためには、免許取得直後から生涯にわたる継続研修が必須です。
Q 他のプロバイダーの研修手帳に研修単位(シール)を貼っても薬ゼミ生涯学習センターに申請できますか。
A 当センターに申請の際、他のプロバイダーの研修手帳でも申請可能です。
ただし、当センターに申請の際は研修単位ごとに「考察」の記載が必要ですので、記載欄がない場合は別紙にて記入しご提出ください。

【研修記録】入力用フォーム
Q 出産などによる申請や更新の特例はありますか。
A 実施要綱(5-(6))に特別な場合の期間延長の記載があります。
詳細については下記の細則をご参照ください。
細則(更新申請)
  • 認定期間を最大4年間とし、最大1年間の延長を認める。
  • 毎年5単位以上の取得要件を緩和し、必要単位数30単位の取得により更新の申請を受け付ける。
  • 特別な事由による申請においては、申請時に理由を証明できるもの(例:母子手帳のコピーなど)の提出を依頼することがある。
  • 延長期間内は常時申請を受け付け、その申請日を次回更新期限の起算日とする。なお、延長を必要とせず、現認定期間内に申請を受け付けた場合、通常の認定薬剤師の更新と同様に初回認定日を起算日とする。

研修について

Q 研修はスクール形式ですか。グループワークはありますか。
A 講座ごとに、より学びが深まる形式をとっていますので、各講座毎にお問い合わせください。
Q 参加の際の服装は規定がありますか。
A 特に規定はございません。
なお、特別に必要な服装があれば、講座毎にご案内致します。
Q 事前申し込みをしていない状況での参加は可能ですか。
A 各会場で席に余裕があればご参加可能ですが、座席がない場合は受講いただけないこともありますので、基本的には事前申し込みをお願いをしております。
Q 当日の持ち物はありますか。
A 基本的に筆記用具があれば問題ございません。
なお、特別に必要な物があれば、講座毎に事前にご案内致します。

その他

Q 研修手帳を購入したいです。どこで購入できますか。
A ①生涯学習講座の各会場にて購入
②振込み(メールでの申し込み) の2パターンがあります。
なお、②を希望された場合、振込先等のメールをお送りしますので、振込みをしていただき入金確認後、送付をさせていただきます。
info@yakuzemi-shougai.jpへ『研修手帳希望』の旨を記入いただきお送りください。
※ 別途送料140円がかかります
ページTOPへ