2020年8月28日
8月23日(日)「楽しく学ぼう新型コロナウイルス感染症~感染対策から抗菌薬適正使用まで~」を開催しました

8月23日(日) の生涯学習講座は、「楽しく学ぼう新型コロナウイルス感染症~感染対策から抗菌薬適正使用まで~」を東京大学 医学部附属病院 薬剤部の高山和郎先生にご講演いただき、グループワークも取り入れたZoomによるWEB生配信講座を開催しました。
コロナ禍の中でも、継続して薬剤師の方に学修の場をご提供するため、本講座もリモートでの講座となりましたが、座学での講義聴講だけでなく、投票システムを使用しての参加、スモールグループディスカッションでの全国の薬剤師の方との意見交換、グループワークでまとめた内容を発表した後の先生からのフィードバック、チャット機能を使用した先生への質問と先生からのタイムリーな回答など、参加型の講座を実施することができました。

新型コロナウイルス感染症についての対策にも触れながら、手指消毒などの基本から、抗菌薬の適正使用までをご講演いただきました。手指消毒では、どんな成分をどのレベルの濃度で使用する必要があるのか?マスコミなどで情報が出るたびに薬局で質問を受けることが多い内容について、正しい知識を学修することができました。また、抗菌薬の適正使用については、感染症診断の流れの中で、薬剤師が診るべきPOINTをグループワークと先生からの解説により修得することができました。

≪参加者の声≫
・「まずは感染しないためにどうしたらよいのか」、「感染してしまった後の抗菌薬使用に対する考え方」まで広範囲な内容を興味深く勉強できました。グループワークへの参加は初めてで緊張しましたが、他の人の考えや、他のグループの意見などを聞くことができることも勉強になり、とても有意義でした。

・今まで薬局に防護服は無縁だと思っていたけど、新型コロナが流行して陽性患者さんの対応も行う可能性が出てきているので、大変勉強になった。全然、今まで正しく手洗い、消毒ができていなかった。抗生剤の適性使用についての考え方の流れが分かって、これから勉強しやすくなりそうです。

・基本の内容だったので、1年目で臨床の知識がない私にはとても勉強になりました。処方された抗生剤が正しいか判断するのはまだ難しいですが、手指洗浄等、明日から実践できることも多く、楽しく学べました。

・感染症対策の基本はとても身近な手洗いにあり、適切に行うことで、ほぼ感染症を防ぐことができるとわかって、不安が少し解消されてよかったです。と同時に、これからも繰り返し勉強していかなければ基本に立ち返ることもできないので、ずっと勉強していくことの重要性も改めて感じることができました。ありがとうございました。

・一昨年の12月の講義の成果と今年5月の講義の積み重ねの成果が一番大きかったと思います。如何にして耐性菌,耐性ウイルスが出ないように抗菌剤、抗ウイルス剤を投与していくかがこの話題のキーポイントだったと思います。大学在学中にあまり触れることができなかった微生物学の内容をよりレベルアップできたと思います。

・抗生物質の適切な使用方法についての考え方を詳細にご説明頂き、とても勉強になりました。また、外来にて発熱患者さんの対応に悩んでいました。自信をもって対応したいと思います。


薬学ゼミナール生涯学習センターでは、これからも薬剤師の方のためになる内容を企画開催していきます。
ご参加お待ちしております。

一般社団法人薬学ゼミナール生涯学習センター 事務局

ページTOPへ