2021年3月9日
3月26日(金)【公開講座】『地域共生社会における薬剤師・薬局の新たな役割り』 ー地域薬局の本質を問うー

当センターは、下記研修会の認定薬剤師研修単位「1単位」を発行します。
2020th SSCP seminar to nurture human resources ②
テーマ『地域共生社会における薬剤師・薬局の新たな役割り』 ー地域薬局の本質を問うー

「地域連携薬局」「専門医療機関連携薬局」といった薬局の機能的分化の本格化やon lineをも使っての持続的服薬管理の推進、これら薬局・薬剤師の存在理由を根幹から問い直されるような法律の要請、その1つひとつの変化に目を奪われて対応に苦慮しているのが実情ではあろうかと思います。
  しかし、こうした変化に対して「形や数量的基準のクリア」に終わっているうちは、薬局はその価値を正しく評価されないのではないか、という健全な疑義というべきものが常に底流にあるのも事実です。
薬機法は、科学技術水準や社会事情の変化に応じて医薬品や医療機器の安全かつ安心な流通の確立に大きな意義を果たしてきましたが、今般の改正は、こと薬局・薬剤師については最終受益者たる地域住民の全般的な福利・福祉への貢献に言及するものです。
  法的規律の向こう側に具体的な地域住民・地域社会があること、これを常に念頭に置いた経営体制や業務体系が求められているものと考えられます。
今回のセミナーは、年度最終として、こうした原点に立ち返りつつ柔軟に法の要請に応えられる視点や工夫について考えてみたいと思います。

日  時:2021年3月26日(金)19:00~21:00
場  所:オンライン(Zoom使用)
参加費:会員・賛助会員所属者1000円 / 非会員 2000円(税込)
主  催:一般社団法人 地域医療薬学研究会
申込み:info@sscp.or.jp
連絡先:info@sscp.or.jp
演  者:1)たった今、地域住民のためにできることがある
            藤田  幸恵  (SSCP副代表理事)
                          フジタ薬局
          2)在宅療養支援と薬剤師・・・医師の立場から
              塚田  邦夫  (SSCP評議員)
                            高岡駅南クリニック院長
                            日本褥瘡学会・在宅ケア推進協会  理事長
座  長  鈴木順子  SSCP代表理事  北里大学名誉教授
発行単位:1単位
≪認定薬剤師研修単位の発行方法≫
薬剤師認定制度認証機構(CPC)が認定研修機関とし
て認証する(G13)の薬剤師生涯研修認定 1単位を発行します。
=========================
一般社団法人 薬学ゼミナール生涯学習センター
ページTOPへ